« May 2010 | Main | July 2010 »

June 29, 2010

OCNが使えないPortable Wi-Fi DWR-PG

日曜日に念願のBUFFALO Portable Wi-Fiを契約した。しかし、いくら頑張っても3G接続ができなかった。
そこで、購入先のビックカメラで問い合わせてみた。

なんと、Portable Wi-Fiが3G回線でインターネットに接続する場合、OCNをプロバイダーとして使えないことがわかったのだ。OCNの担当者も そのことを1時間前に知ったらしく、非常に驚いていた。

Docomo担当のチーフもやってきて、本部に確認していたようだったので、かなり重大なことだったようだ。

やむなくOCNは解約し、MoperaUに変更の手続きをしてもらい、ようやくPortable Wi-Fiは広いインターネットの世界を知ることとなった。

OCNを契約しているひとで、Portable Wi-Fiを使おうとしている人や、Portable Wi-Fiを契約してプロバイダーとして店員の勧められるままOCNを契約した人は気をつけた方がいいだろう。


iPadから送信

| | Comments (19) | TrackBack (0)

June 25, 2010

さよならiMac

ついにこの日が来てしまった。
新しいWindowsノートが会社に届いたので、会社で私が使っていたiMacは、新人のために明け渡すことになった。
iMacにあったデーターを別のHDDに退避させ、消去した上MacOSを再インストールした。

それを、Windowsノート(ACER Aspire)に移し、MS-OfficeとFireFox、Thunderbirdをインストールした。Macで使っていたThunderbirdの受信メールを移行するのに手間取ったが、受信ファイルが納められているフォルダを突き止め、ファイルをコピーしてなんとか成功した。

私は仕事だからWindowsノートをやむなく使うことになったが、画面の広さとしゃれた全体の質感、ノートなのにテンキー付属、インテルの最新CPUが搭載されていて、10万円切る価格だから、台湾製にしてはなかなかやるもんだ。

私よりも周りが盛り上がっていた。こっちは仕事でやむなくWindowsを使うというのに、のんきなもんだ。
たのむからデスクトップの背景を「けいおん!!」の憂にしようと勧めるのはやめて...

この慣れないWindowsをいかに使いやすくするか考えないといけない。タスクバーを上に、ゴミ箱を右下に配置するのはお約束である。

早速週の検品報告を作るために、Windows版Excelを使うのだが、画面の広さはiMacに及ばない。ウィンドウを複数開けるととても狭く感じる。
しかし、マウスに持ち替えなくても、altキーでメニューの操作ができるのはWindowsならでは。すこしは高速になるだろう。

グラフィック性能は貧弱なので、Vana'diel bentiは多分動かないだろう。まぁ、仕事の事務作業には不要だろう。

もうMacに戻れないのは残念だけど、クリエイティブじゃないこの仕事をしていたらどうでもよくなってきた...


iPadから送信

| | Comments (39) | TrackBack (0)

June 19, 2010

特急あさぎりの切符を買いに行った。

昨日、仕事を早めに終わらせ、翌月に乗る予定の特急あさぎりの切符を買いに行った。
あさぎりの特急券は、小田急の駅のほか、JR東海のみどりの窓口で買うことができる。だから東海道新幹線の駅である新横浜でもOKなのだ。

しかし、夜8時までしか売ってくれない。マルスの操作も特殊なので、大抵のオペレータはマニュアルを見ないと分からないので、時間がかかる。
でも、昨日のオペレータはマニュアルを見なくても、すいすい発券してくれた。おみごとである。

ひと月前に買えば、先頭車両の前の方に座れることが多い。今回は先頭車両の前から7番目の席が取れた。連休の最初の日なので、買う人が多かったのかなと思う。

旅行に行く目的は、例によって総本山富士大石寺の参詣である。
本当は一人で北海道へ行き、ファーム富田のラベンダー園を撮影をしたかった。しかし、家を買うことにしたため、頭金を少しでも温存したくなり、北海道旅行は自粛することにした。

理由2は、去年正義顕揚750年と言って総本山で8万人集まるイベントがあったのだが、それに参加しなかった。その代わりに、750周年の今年に参詣しようという気持ちがあった。
(日蓮大聖人による立正安国論の上奏が1260年)

理由3は、総本山の蓮が花を咲かす時期だったので、その写真を撮りたかった。そのため、泊まりがけで参詣する必要があった。

来月、天候に恵まれ、素敵な旅行になるといいなと思う。


iPadから送信

| | TrackBack (0)

June 18, 2010

特急あさぎりの切符

昨日、仕事を早めに終わらせ、翌月に乗る予定の特急あさぎりの切符を買いに行った。
あさぎりの特急券は、小田急の駅のほか、JR東海のみどりの窓口で買うことができる。だから東海道新幹線の駅である新横浜でもOKなのだ。

しかし、夜8時までしか売ってくれない。マルスの操作も特殊なので、大抵のオペレータはマニュアルを見ないと分からないので、時間がかかる。
でも、昨日のオペレータはマニュアルを見なくても、すいすい発券してくれた。おみごとである。

ひと月前に買えば、先頭車両の前の方に座れることが多い。今回は先頭車両の前から7番目の席が取れた。連休の最初の日なので、買う人が多かったのかなと思う。

旅行に行く目的は、例によって総本山富士大石寺の参詣である。
本当は一人で北海道へ行き、ファーム富田のラベンダー園を撮影をしたかった。しかし、家を買うことにしたため、頭金を少しでも温存したくなり、北海道旅行は自粛することにした。

理由2は、去年正義顕揚750年と言って総本山で8万人集まるイベントがあったのだが、それに参加しなかった。その代わりに、750周年の今年に参詣しようという気持ちがあった。
(日蓮大聖人による立正安国論の上奏が1260年)

理由3は、総本山の蓮が花を咲かす時期だったので、その写真を撮りたかった。そのため、泊まりがけで参詣する必要があった。

来月、天候に恵まれ、素敵な旅行になるといいなと思う。


iPadから送信

| | Comments (138) | TrackBack (0)

June 17, 2010

モスバーガー:辛テリー伊藤のざくざくラー油バーガー

P1020833
昨日、会社の近くのモスバーガーで、ざくざくラー油バーガーなるものを昼食に食べた。

その日は雨も降っていないので、昼休みちょっと歩いて駅前のモスバーガーまで足をのばすことにした。そう決めたとき、同僚から「モスバーガーでラー油バーガーを食べに行くんですか?」と聞かれてしまった。読心術でもあるのか? と一瞬疑った。
最初からそう決めたことだったので、言われた通り行ってその「ざくざくラー油バーガー」を食べにいった。

ざくざくラー油バーガーは、テレビ番組「スッキリ!」とのコラボレーションにより生まれた限定メニューで、「食べるラー油」がヒットしたのをヒントにして発案されたそうだ。
ラー油には、隠し味として砕かれたせんべいが混ぜてあり、独特の食感が楽しめるとのことだった。

入り口の手書きの看板に、ざくざくラー油バーガー、夕方に売り切れることもあるのでお早めにと書いてあった。よほど人気のあるものなんだろう。
早速注文し、証拠写真を撮るのによい窓際の席に陣取った。

食べた感想としては、スパイシーモスバーガーのような辛さを持っているけれど、極端に辛くないようだった。むしろラー油に含まれるごま油の風味が肉に絡み合い、香ばしい味に仕上がっている。砕かれたせんべいのサクサク感も良い。

おいしいので、あっという間に食べきった。セットのドリンクにオレンジジュースは正解だった。辛いハンバーグの辛さを冷ましてくれた。

同僚に証拠写真と感想を添えたメールを送った。彼はそれをパソコンの壁紙にしたようで…仕事をいていておなかが空きませんか? って感じだ。

| | Comments (233) | TrackBack (0)

June 16, 2010

古びた一眼レフカメラ

先週、家のタンスの奥から、古びたカメラが発掘された。
父が若い時に使っていた、一眼レフカメラだった。
私が生まれた頃にはもうあったので、40年以上は経っているだろう。父が独身時代、登山が趣味だったので、その時の記録にも使っていたのだろう。

小さい頃、父が使っているのを見たことがあるけれど、詳しい事は分からなかった。デジタル一眼を知った今なら、父が使っていたカメラについて何かわかるかもしれない。

革のケースを開けると、カメラ本体とレンズがあらわれた。
機種は、ミノルタSR-T101で、MC ROKKOR-PF 55mm f1.7というレンズが装着されていた。
当時はズームレンズがなかったのだろう。単焦点レンズになっていた。
SR-T101

このボディを使って、フィルムカメラを始めようか。それとも、レンズだけ使って、マウントアダプタを介してLUMIX GMC GF1に取り付け、古いレンズの味を楽しむか。ちょっと期待した。

しかし、レンズにはカビが生えていた。しかもボディの方も、ミラー部分にさびがついていて、本当に使えるのか不安になってきた。
これでは、父の形見として使うにも、まともに使えるか分からなくなった。売るにしても、全く値がつかないだろう。
カビの生えたレンズ
写真:内部にカビが生えているレンズ。
P1020823
写真:ミラー部分にさびかカビが生えている様子

これは廃棄すべきかな…

| | Comments (33) | TrackBack (0)

June 12, 2010

病み上がり

金曜日は、病院に行った。
新型インフルエンザの予防接種をしてもらった隣町の診療所へ行こうと思ったが、内科は隣の病院だったので、そこへはいった。

熱はないが、とにかくだるかったので、鞄に頭を突っ伏して寝ていた。すると、しばらくして看護士さんに話しかけられ、中の心電図のところで横になるよう勧められた。

このような状態で仕事に行けるわけがない。そう判断した私は、仕事を休むことにした。翌日会社の模様替えがあるので、それに参加できるよう、治癒に専念した。

家では、食事してくすりを飲んだら、ひたすら眠った。取り溜めたビデオを消化することも、iPadで文庫本を読みふけることもしたかったけど、ほとんどできなかった。

こんなに眠ったことは今まであっただろうか。あっという間に夜になり、夕飯後のくすりを飲み、1:00前には眠った。あんなに寝たのに眠れなくならなかった。

翌朝、すっきりと目が覚めた。熱は出なかったのに汗をたくさんかいたので、シャワーを浴びて出勤した。

会社の最寄り駅のそばにあじさいが咲いていたので、カメラで撮影した。なかなかイメージ通りの絵ができなかった。
P1020773


社内での片付けは、完成形がイメージできず、何をしたらいいのか分からず、手をこまねいているだけになるので苦手である。それでも、少しでも役に立とうとした。

動き回っていると、風邪が治っていないためか咳が出る。快方に向かっているが、すこしだるい。

明日は貴重な休み。その頃には治っていたいものだ。


iPadから送信

| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 09, 2010

環境の変化

最近暑くなり、会社で冷房を使い始めてから、体調を崩す人が多くなった。
中には肺炎になり、一週間近く休んだ人もいた。
昨日も今日も体調不良で一人ずつ休んだ。

かくいう私も、くしゃみ、鼻水、せき、喉の痛みに悩まされている。
会社を休む程の病気をすることがほとんどない私も、明日が心配だ。
生殺し状態で仕事していると思うが。

もう一つの環境の変化と言えば、会社で使っている私のiMacを、新しいデザイナーにお下がりにし、安いWindowマシンをあてがわせる計画が水面下で進んでいる。

iMacは17インチと広い作業スペースを持っていて、快適だった。普段の仕事であまり使わないし、会社の持ち物なので、私に駄々をこねる権利はないが、なんだか悔しい気分だ。

熱烈な横浜ベイスターズファンの従業員に、今度会社で「ジャイアンツ応援キャンペーン」をやるので、オレンジ色のはっぴを着せられ、仕事中ジャイアンツの応援歌を延々聞かされるようなものだ。

いままで毎年のように、職場の環境が変わっていき、それに頑張って適応してきたが、ついに最後の砦が落とされる。
しかし、それにもめげず、勤め抜きたい。なにせ、これから2000万円近くの借金を背負うことになるのだから…

| | Comments (12) | TrackBack (0)

June 05, 2010

iPadと、潮来のあやめ撮影

6月5日土曜日に、潮来まであやめを撮影に行った。
臨時特急のあやめ号は、年季が入った車両で、快適には程遠かったが、寝不足のせいもあり、気持ち良い眠りに誘われた。
途中で雨が降っていたので、今年も雨のあやめ鑑賞かなと思った。

しかし、到着すると雨はあがり、次第に回復した。しかも、あやめが雨つゆに濡れていて、日光がそれに当たってとても美しかった。最高の条件であやめの写真が撮れた。
P6058252_1

いままで「いたこのいたろう」のいたこは、恐山のいたこだと思っていたが、私の勘違いだったことがわかった。

潮来の伊太郎像のまえで、着物を着た若い女性をみつけた。潮来のあやめ祭りのキャンペーンガールのようだ。彼女と一緒に写真を撮ってもらっている観光客がいた。私は彼女に声をかけ、彼女の写真を撮った。
ポートレートは得意ではないが、これも練習ということで。MFになっていたせいで、顔がぼけた写真を何枚もとってしまったが、途中で気づいて撮り直した。

それからもあやめなどの写真を撮り、途中で行われた嫁入り船のイベントには目をくれなかった。

喫茶店に入って、昼食とコーヒーにした。喫茶店なら時間をかけてiPadで写真の確認ができる。
早速iPadにcamera connection kitを接続し、2台のカメラから画像を取り込んだ。

iPadは写真の切り替えとズームが快適だ。撮ったその場でピントの甘い写真や、手ぶれ写真を発見できる。後でどの写真が不足なので、追加で何を撮ればいいのかもわかる。

ひととおり写真見たら、今度はスライドショーを試した。
周りの客や、店員にきれいな写真と褒められてしまった。せっかくなので、周りにスライドショーを披露した。こういう使いかたができるのも、iPadの有利な点だ。

さっきのキャンペーンガールに、御礼がてら写真を見せてあげた。
彼女と周りの子もiPadを珍しがっていた。

そして、帰りの電車でも日記の文案を書いている。iPadは撮影だけでなく、いろいろなことで良き相棒になりそうだ。

iPadから送信

| | Comments (51) | TrackBack (0)

June 01, 2010

5月31日の「NEWS FINE」で

テレビ東京で午後3時半に放送されている「NEWS FINE」で、興味深いものを見てしまった。
経済の専門家が番組に呼ばれて短い時間でいろいろ話をしていた。そこでギリシャの財政危機に関連して、日本は大丈夫なのかと言うことなのだが、そうではないようだ。

日本も900兆円以上の借金を抱えていて、10兆円ずつ毎年返しても100年はかかるそうだ。また、国家予算の歳出90兆円の半分が国債に頼られている点を指摘し、このままいくと何らかのきっかけで財政危機の引き金を引かれ、強烈な株安、円安、債券安に陥るというシナリオが想定されている。

国債の殆どが国内の金融機関で引き受けきれている現在はまだ安心だが、日本で財政危機が起こってしまうと、国債も暴落し、銀行の経営や預貯金に影響が出る。

わたしもこの状況は危ないと思っている。これから購入する家も、変動金利に頼ることはやめて、固定金利を組み合わせてリスク分散を行おうと考えている。そしていつか国債の空売りをしたいと思うようになってきた。

そんなニュースが終わったあと、流されたCMは、「個人向け国債」だった。
あの…財務省から抗議が来ませんか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »